タカサゴモズが観察された!!  
オ2002/9/8以来、18年振りの記録だ 
   ●2020年9月10日(木)、去る2002/9/8大阪府初記録として観察されて以来18年振りのタカサゴモズ(Lanius schach schach/Long-tailed Shrike)が観察された。本種は中国南東部・台湾・インドシナ半島北部で繁殖し非繁殖期は低地に降りる。日本では本州南部から九州以南で記録されている迷鳥だ。
 前回のタカサゴモズも葦原および周辺の植栽・作業道などでショウリョウバッタ、カマキリ等を捕食しているのを観察されている。羽衣の摩耗退色が著しいが、前回と同じく春先まで越冬の期待大だ。お写真は黒猫さん。
(写真をクリックすると大きな画像が開きます)