ダイダイサギ夏羽か・・・?

野鳥園の本サイトのお客様ならご存知の方もおられるだろうが、medaichiが揚げている記事の中に「ダイダイサギとチュウダイサギ・・・大きなサギのややこしいお話」ってのがあって、要は年中見られるダイサギと言われていたもののなかに、北方種で、冬にやってくるやや大型な亜種ダイサギ Ardea alba albaと、日本で繁殖し普通にみられる亜種チュウダイサギ Ardea alba modestaがいるというお話しだ。

そんな経緯もあってmedaichiはサギもけっこう真面目にみているのだが、3/28の北池干潟に大きさの差が顕著な個体がいた。本サイトに書いてあるが、亜種ダイサギの全長は104cm~98cm 亜種チュウダイサギの全長は94.0cm~ 83.8cm 平均89.3cmで、medaichiが今まで観察した経験では数字以上に大きく見えるのだ。「アオサギが来ないかな~」等と都合の良いことを考えていたら飛ばれてしまったWW

「山渓ハンディ図鑑7 新版日本の野鳥」に数年前の4月に岩国市で撮影された亜種ダイサギ夏羽の写真が掲載さされているが、どうも亜種チュウダイサギ夏羽との識別は羽衣に関しては難しそうだ。まあ、最初に「ダイダイサギとチュウダイサギ・・・」を書いたのが2012年・・・。冬羽の個体は幾度か観察できたが、8年越しで亜種ダイサギの夏羽と思われる子を観察できたと、個人的には少々達成感みたいなものを感じてはいるWW

桜・さくら・サクラ・・・

暖かな日が続いたので、野鳥園のソメイヨシノの基準木 ( medaichiが勝手に決めた・・・ ) も開花です・・・。今年は例年より数日早いようで、この陽気が続くと4月すぐに満開なんてことに・・・

ん~、新型コロナウィルス感染症対策の一環として、野鳥園の展望塔も当面の間、休館を継続中しています。な~んか「盛り上がらない感」満載の春になっちゃいましたねえ。世間の雰囲気もどんよりしてるし、この春、ご卒業進学の子供達や新社会人となられる方々も可哀想。「あ~、そんなこともあったっけ・・・」と後から思い出せるよう、無事な門出と幸福な人生を歩まれることを願っております。

でもって、ヒトのグダグタも知らぬげに季節は訪れ移ろいます。medaichiも当ブログにおこしのみなさまに、元気な野鳥たちの姿をお届けするべく、今日は、デジスコ機材の点検と、双眼鏡のお手入れをすることに・・・

臨時休館のお知らせ

大阪市から以下の連絡がありましたのでお知らせいたします。

「野鳥園臨港緑地内野鳥園展望塔は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止のため、3/4(水)から3/13(金)まで、臨時休館いたします。3/14(土)以降の予定につきましては、今後決定いたします。ご来園の皆様にはご不便をお掛けいたしますが、なにとぞご理解いただきますようお願いいたします。」

ということで、野鳥園展望塔はしばらくお休みさせていただきます。以後の予定は、野鳥園本サイト、当ブログでもご案内いたします。

新型コロナウイルスに不幸にして罹患された方々には、心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

ん~、3月からは野鳥たちの春の渡りが始まるのだ、4月になればシギ・チドリの季節・・・。今回の新型コロナウイルス感染症、なんとか早く終息してほしいものだ。ふつうウィルスは排出されて低温・低湿度の環境下ほど残存し、高温・高湿度になるほど死滅する傾向だから、暖かくなれば自然に低減終息していくとおもうんだが・・・。花粉症・・・これはこれで鬱陶しいWW  マスク不足・・・はやくなんとかして欲しい。

まあ、家庭用マスクの80%近くが中国製で、現在、中国の物流が滞っているから早急に解決されることは難しいだろうけど、トイレットペーパとかティッシュってほとんど国産だろうに、どっかの馬鹿垂れがSNSにデマ流したもんだから大騒ぎに・・・。medaichiの近所なんかおコメまで無くなってる。ワンコのおしっこシートまで品薄に・・・、ドッグフードとシートは買ったところだから、現在我が家で必需品のストックが潤沢にあるのはワンコだけ~って、馬鹿臭いことこの上ないWW。

デマとわかっていても、実際マスク不足があったものだからタイミングが悪い。「・・・念のため~」って心理になるのも、家庭をあずかる主婦のみなさんなら致し方なしか・・・。今回の新型コロナウイルス感染症、終息しても、なんか日本人のメンタルに不快な後遺症を残していきそうだ。

3/2 ウミアイサとか・・・

近くにウミアイサのお嬢がやってきた・・・なんで?  しきりに潜っているから、まあ採食してるんやろうけれど。

浮かび上がってきたところを連写・・・。おお~、カニを捕えていました。図鑑の記述にも「潜水しては魚や甲殻類を捕える・・・」とか書いてあります。

植栽を刈ったところにはホオジロが出るようになりました。普通に見られる野鳥なんですが、野鳥園ではそんなに多い子ではありませんでした。春の渡りに備えて機材のチェックでパシャリ!