オグロシギがいました。

8月になるとシギチドリの成鳥の渡りが数を増します。キアシシギ、トウネン、オオソリハシシギと観察されています。秋のオオソリハシシギ成鳥は珍しいので探してみることに・・・。アオアシシギに混じってそれらしい子が・・・。むむっ、オオソリハシシギの雄かなと思いましたが、羽の模様が違います。足も長いしね。オグロシギでしたW

下面の胸から腹にかけて横班が顕著にあります。オオソリハシシギにはハッキリした横班はありません。尾羽はblack-tailedの名の通り黒いです。遠い場合は飛んでくれた方がわかりやすいですね。尾羽の先の黒い部分と、白い翼帯がとても特徴的です。

アオアシシギが来ました。

今朝から、展望塔前の草刈りをやってもらうことに。作業の人とか車が入るんで、少々早めに野鳥園へ・・・。久しぶりなんで、あわててスコープやカメラのレンズ拭いてデジスコのセッティングを完了。へへへ、思惑通りに南池の休み場にアオアシシギ成鳥が2羽。7月24日から記録の上がってる子達ですが、去年は23日でした。キアシシギも入り始めましたがmedaichiはまだ観てません。ということで、シギやチドリの秋の渡りが始まりましたとご報告しておきます。

カメラの設定や機材のセッティングの確認を兼ねて、カワウ君達をパシャリ・・・。ん~と、まあ、そこそこちゃんと写ってるし・・・、今季もKOWAのTSN774とPanasonicのGX8に20mmでいくことにします。スコープのアイピースはシギチ狙いの今はTE-11WZつけてます。m4/3のGX8に25-60倍だから35mm換算で、え~っと、1.000mm~2.400mmになります。さすがにズーム端はぬるいんで、45倍まで、1.000~1.800mmってことになるでしょう。

それにしてもデジスコ屋さんって少なくなりましたねえW。野鳥園でもあまり見なくなりました。みなさん、デジイチとか高倍率ズームコンデジに・・・。野鳥撮影ってことに限るなら、飛びもの以外ならアドバンテージあるんだけどね。medaichiは、作っているコンテンツの性格上、デジスコ離せませんが。むむっ、OM-D EM-1Mark2とM.ZUIKO DIGITAL25mmF1.8か~、なんか良さげではありますって泥沼もええとこですねW

暑中のお見舞いを申し上げます

shochuu30先の地震や大雨で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

ん~、梅雨が早く明けたなあと思ったら、いきなり猛暑となりました。基本、気象庁の出す警報・注意報に「低温」ってのはあるんだが、いまのところ「高温注意情報」どまり、今後「高温」注意報なんてできそうな勢いですねえ。NHKなんかも「命に関わる危険な暑さ・・・」というような表現をするようになりましたしね。いずれにしても、一年で一番暑い時期です。みなさん、睡眠、水分補給等、体調管理に気を付けてくださいね。例によって、懐具合と余暇に恵まれた方は涼しい高原に避暑へ・・・、そうでないmedaichiはサイトや機材のメンテW それぞれ元気に夏を乗り切りましょう。

野鳥園では、7月の下旬となってキアシシギの小群や単独のハマシギが観察されています。シギチドリの成鳥の渡りが始まったようですが、個体数が増えてくるのは8月になってから・・・。アオアシシギなんかがやってきます。

medaichiの仕事明け、やっと我が家に帰ってきてもお迎えするでもなく、エアコンの効いたリビングでひっくりかえって鼾をかいているワンコ・・・。まあ、可愛い子なんだけどね・・・、健康に過ごしてくれれば親としてはうれしいわけだが・・・、いつか蹴飛ばしてやろうと思わんでもW

NIKON PROSTAFF 7S 8×30の蛇足的余談

paper_shinentry model双眼鏡としておすすめのNikon PROSTAFF 7S 8×30君ですが、かつての野鳥の会御用達モデルの8×30EⅡ氏と比べて、実視界・見掛視界が狭い。もっとも、8×30EⅡが広視界モデルなんで、まぁP7S君については標準視界といっておこう。よく視野の狭い双眼鏡の悪口で「トイレットペーパーの芯から覗いたような・・・」なんてことを言われているが、果たしてトイレットペーパの芯から覗いたらどんな風に見えるのだろう?

で、講釈ばっか垂れとってもしょうがないので、実際に撮影してみた。そう・・・、なにごとも実証精神は大切ですよね。鵜呑みにしてはいけませんW  先輩諸氏の検証をトレースすることが理解を深めるのであります。右端の画像ですが見事に狭いですねえ・・・W  medaichiの計測で実視界約15.8度、倍率1倍で見掛視界も約15.8度でした。もっとも、こんな設計の双眼鏡は存在しませんからご安心ください。

ん~、このネタ、人に話すときは要注意!!   探鳥会なんかで「この双眼鏡、視界が狭いんだよね、まるでトイレットペーパの・・・」って話題になった時、「じゃあ、ペーパの芯って見掛視界、何度あるんだ・・・?」なんて質問したら絶対に嫌われ者になりますWW

Nikon PROSTAFF 7S 8×30

鏡筒内部を見てみよう

kyoutounaibu1

前回の投稿でNP7の像の見え方・色が白っぽく、コントラストに少々不満があると書きました。とはいうものの、この価格帯の双眼鏡なのに、Fullmultilayercoating/全面多層膜コーティングで、すべてのレンズ・プリズムの透過面に多層膜コーティングが施され、とても明るい透過感のよい双眼鏡でmedaichiはこの一点だけでも買いだなとは思います。

対物レンズ側から見てみると鏡筒内に明るいリングが見えます。遮光環の縁が光って散光しています。接眼レンズ側から見ると雑散光は目立ち消光対策が不十分とわかります。参考までにミドルエンドのMONARCH HG 10×42の接眼レンズ側からの画像を添付しときます。射出瞳孔に近い明るい対策されていない光の反射は像のコントラストに必ず影響します。

kyoutounaibu2次に、小型のLEDライトの力をかりて、対物レンズ側から見た鏡筒内部を見てみよう。左のNP7の鏡筒内部だが、プリズム側に遮光環が数枚配置されているが手前の鏡筒内面は塗膜のみだ。右側のMONARCH HGの鏡筒には細かな遮光線加工が施されていることがわかる。このような目に見えにくい部分は真っ先にコストダウンの影響を受ける部分だ。逆光など条件の良く無い場合はフレアとなって観察に影響を与える。

今回はentry model/入門機を考えてみるってことだから、基本は視野中央部がしっかり解像されていることと、像の明るさの2点が最重要ポイントだ。防水も効いて基本性能のしっかりしてるNP7 8×30は購入しやすい価格帯の双眼鏡としては一押しとしておきましょう。

ダハ型ならこの辺の価格帯、ポロ機ならもう少し安い価格帯でもしっかり見える機種はあります。風景だけじゃなく野鳥の観察も~っていうなら、福沢先生お二人様は頑張ってみると楽しいと思います。

Nikon PROSTAFF 7S 8×30

Image13今日は梅雨も一休み・・・、朝から初夏の日の光が爽やかな一日だ。絶好の双眼鏡日和Wということで事務所にこもってチマチマやっているのもつまらないので、Nikon PROSTAFF 7Sを持ち出して、光学パフォーマンスというか見え方を検証してみよう。

Image11まあ、比較する相手が悪いです。「野鳥観察にむく双眼鏡・新旧エントリーモデル比べ・・・」ということで、比べる相手がNikon 8×30 EⅡ・・・現時点で最大級の広視野を誇るモデルだもんねえ。どちらも8倍だから、写真の赤灯台は同じ大きさなんだけど、見える範囲はかなり違います。EⅡが広すぎるんで、NP7の方はこのクラスに普通の標準視界としておきます。実際のぞいてみても、閉塞感を感じるというほどのこととはありません。

この価格帯の双眼鏡としては、P7Sはとても明るい視野ですね。EⅡと比べると僅かにおよびませんが、これは特筆すべきだと思います。そうだなあEⅡを9点として、8点+としておきます。手前の堤防や芦原の描写を見ていただくと明らかなのだが、そう、僅かにコントラストがぬるい。写真にしてみてより明らかなのだが白っぽく見えます。鏡筒内部の迷光処理とか、低コスト化の影響がこんなところに出ているのかもしれません。

Image1センターから周辺への像質の崩れ方を見ようと思っていたら、ちょうど色収差の見本がw歩いてきので一緒に撮影しました。良像範囲は40%位ですが、その後良く頑張って70%手前までは像の崩れ方は緩やか・・・。周辺像質は崩れますが、基本的な使い方なら充分としておきます。中央の色収差も僅かです。

Image4さすがに50%をすぎたあたりから、白いサギが相手だと赤と緑の収差が出始めます。EDガラスとか使ってないし、コンパクトな筐体ならまあこんなもんかと・・・。色収差の出始めあたりから像質も緩み始めます。

Image5周辺画質の補正を欲張らず、接眼レンズもシンプルな構成なので、昔の双眼鏡みたいに50%あたりから内向きの糸巻き収差が出始めます。これは建物とかを見るとわかりますが、野鳥の観察という使い方ならほとんど気にならないでしょう。