カテゴリー別アーカイブ: 大阪南港野鳥園

いきなり大物が・・・3/30(木)ヤツガシラがでました

170330yatsugashira野鳥園に着くと、お客様から「朝、干潟の草地にヤツガシラいたよ~」と情報をいただいた。緑地に移動したようなので探しに行くことに・・・。前回、2014年の春に観察できたあたりを丁寧に探した。はばたきの丘北面、北観察所~奥階段にかけて・・・。まっ、この子大きいし、飛んでくれたのですぐみつけることができた。あまり寄れる鳥ではないので、デジスコのアドバンテージを生かして50m位から撮影を始めたが、思いっきり警戒されてしまったW

170330yatsugashira2 ふつう、地面で採餌しているのね。野鳥園では黒松林の堆積した松葉があるところにいる。しばしば、何か食べているのだが良くわからない。植栽を植えるために掘り起こしたところではミミズかもしれないし、medaichiは一度、ケラを丸呑みしたのを観察したことがあります。ゴミムシなどの甲虫とか小型の動くものは何でも食べるのじゃないかと・・・。容姿のわりに意外と悪食・・・って、野生動物に関わるものがそんなこと言っちゃいけませんW

170330yatsugashira3 ホントは、ルリキビ探すつもりでいたんだけれど、いきなり大物が出ちゃいましたねえ~。今季の鳥運を使い果たしちゃった~、みたいなことにならないといいんですが。まあ、ぼちぼちやります。野鳥園では、なかなか逢える子ではありませんが、ヤツガシラ君のおかげで、今季の幸先よいスタートが切れたようなんで頑張ります。お馬鹿なブログですがよろしくお願いします。

3/29、夏鳥たちはまだのようです・・・。

170329someiyoshino なんでも、大阪の桜の開花予想は今日、29日だそうだが、野鳥園のソメイヨシノ達はまだ咲いていなかった。medaichiが勝手に基準木とした、展望塔前のソメイヨシノもまだこんな感じだ。週末、この土日には、ちょうど渡りの夏鳥たちといい感じになりそうだ。

170329toratsu今日は休館日ですが、仕事が午後からになったので、サーバのメンテナンスをするつもりで事務所へ・・・。ダル~い作業の合間に、夏鳥を探しにいくことに・・・。夏鳥たちはまだのようでした。今日は暖かくて穏やか、明日は期待できそうです。んなことを考えていると、足元にドサッと大きなとりが・・・、はばたきの丘に居ついているトラツグミ君か~って、おまえさん、近すぎないかW

この子は逃げませんね。もとがボ~っとした鳥だけど、ここまで逃げないのはねえ・・・。デジスコはみ出そうだし・・・。ムクドリより近いしW  この子はほんわかといい味だしてます。せっかく掘り出した虫をムクドリに取られたり。呑気なところがなんとも可愛い。まあ、せっかくだから、記念撮影を・・・。今季は各地でトラツ、多いみたいなこと聞きます。夏鳥たちはまた明日探します。

170329hikuina今朝のヒクイナ・・・。早朝からよく鳴いていました。この子はクイナに比べるとちっこくて可愛いですね。medaichiは保護個体を手に取ってみたことありますが、写真なんか全然、それは美しい野鳥ですよ~。その時の印象があるから、こんな写真撮影しててもナンカ空しいけど頑張ります。

今朝はヒクイナとオオジュリン

170316hikuinaMHさん、ヒクイナの情報をありがとうございました。今朝は汽水池の手前の干潟でウロウロしていました。繁殖の記録もあるので、動きが活発になってくれば春から先も観察のチャンスがあるかもしれません。楽しみですねえ~。それにしても、この子、ピント合わせに苦労します・・・。100枚切って使えたのこれだけ・・・W

170316oojuri オオジュリンも葦原でよく飛んでくれました。遠いですけどね・・・。頭の黒くなっている子も3羽ぐらい観察できました。冬の間、こんなに個体数多くなかったと思いますから、移動の群れが入ってきているのだろうと思います。

皆さん!! 3月も中旬・・・。10日もすれば、桜が咲き始めてオオルリだのキビタキだのって話題が揚がってくる季節になりました。今日は、medaichiも、双眼鏡とデジスコのメンテナンスをすることにします。

ふたたびルリビタキ・・・

170127ruribitaki1「シ~~ン・・・」という音が聞こえるくらい、静かな緑道W・・・。毎年、うるさいジャマガラ・・・嘘W、ヤマガラ君すらいないので寂しいことこの上ない。暇なんで、遊んでくれたルリビタキ嬢・・・(多分)で、medaichiにしては珍しい引いた絵作りを・・・   暗いバックに斜逆光で鳥を浮き立たせ、モッコクの緑と赤みをあしらって・・・なんてめんどくさい事は普段、絶対やりませんW

170127ruribitaki2等倍フリークのmedaichiですから、当然アップ画像も撮ってますW   植栽整備で掘り返した跡で何やら捕まえたルリビ嬢・・・、おぉ、ミミズですね。さすがの小型ツグミ類って、今はヒタキ科になっちゃったのかな。そう、これが普段のスタイルですね。

170127ruribitaki4まあ、ルリビタキの第一回冬羽の♂は、尾羽や脇のオレンジ色でどうこう言えないよな~って思うんですよね。脇のオレンジ色は、大きさより鮮やかさがポイントかも・・・とか、尾羽より上尾筒から腰・・・とか、考えんでもないけど、「手取りしてもわからん場合がある・・・」って言われちゃうとね~写真じゃ、小雨覆とかハッキリ撮れてない限り「判らん・・・」W ということにしておきます。

170127uguisu今朝は無謀にもAFの遅いGX8で、ウグイスを狙ってみました。今朝は暖かかったですが、まだ、さえずりらしきものは聞こえません。GX8のAFですが、ん~、「遅いんだけれど正確・・・」って感じかなあ・・・。迷いながらも「ヒピッ!」と合焦してシャッタが切れたら、OK・・・なんだけど、まあ、適当に合焦して、ピン甘写真量産!!ってのよりはずっとましですが、どうこうよりシャッタチャンス逃すくらいなら、鳥によっては、AF切って、マニュアルで撮影したほうが結果が良いんじゃないかと思う昨今です。

Free Wi-Fiを導入してみた

wi_fimedaichiから、野鳥園にお越しのお客様に「お年玉」ってわけでもありませんが、NTT西日本の無料Wi-Fiを今日、1月17日(火)から利用できるようにしました。

medaichiは「フレッツ光』使っているから、まあ、おまけみたいなもの・・・。6か月やってみて、好評なら継続します。

モバイルでネットしない・・・PCのみで、いまだにガラ携のmedaichiですが、まあ、時代はここら辺は避けて通れんみたいです。感想聞かせてください。

 

  • 「DoSPOT-FREE」に接続 各端末のWi-Fiネットワーク画面から選択
  • ブラウザーを起動
  • 利用規約に同意
  • メールアドレスを入力して接続をクリック
  • ご利用スタート

とまあこんな感じでご利用いただけます。

明けましておめでとうございます

2017nengaえ~、遅ればせながら・・・。皆さま、新年あけましておめでとうございます。普段から態度が大きくて素行の悪いmedaichiは、年末に、なんと職場で配置転換をかまされて、「マジ~!! なんの罰ゲームやねん・・・!!」とか喚き倒しても許してもらえるわけもなく、多忙のどん底に突き落とされてしまいましたW

そんなこんなで、新年のご挨拶もweb上でとさせていただきます・・・不悪 お馬鹿なブログにお付き合いいただきまして御礼申し上げるとともに、本年も野鳥園にご来場いただけますよう、よろしくお願いいたします。web上であれ、リアルであれ、市民の皆様がご来場いただくことに、大阪南港野鳥園の存続がかかっていると思います。不出来な管理人ですが微力をつくしたいと思いますので、本年もよろしくお付き合いお願いいたします。

ハジロカイツブリが保護されてきた

161217hajirokaitsuお昼過ぎに、ハジロカイツブリが保護されてきた。カラスにつつかれてやられそうだったとか・・・。心優しいトラッカーの皆さん、ありがとね!!  外傷も見当たらず、翼や足の動きにも違和感なかったので無事放鳥。ムフフフ、ルビーのような真っ赤な虹彩がチャーミングですね。第一回冬羽だとオレンジっぽいので成鳥冬羽かと・・・。せっかくなので2.3枚写真を撮らせていただきました。

野鳥園でよくカイツブリを光線の具合で、この子と間違われる方おられますが、この真っ赤な虹彩と褐色味がわずかなモノトーンに近い体色を憶えておきましょう。嘴脇の白ポチもありませんね。え~っと、ハジロカイツブリ君、手で持った感触は、そうですねえ~、ポテ~っとして、つきたての暖かくて柔らかな鏡餅みたいでしたW

ミコアイサがいました。

161216mikoaisa今朝も、チュウヒとオオタカ幼羽が飛び回ってたので、カモ君たちは埋立地の方に避難したようで全然いませんW  アカアシシギが2羽、寒そうにしていましたが、このミコアイサ君達は、オオタカなんか気にせず、西池奥で盛んに採餌していました。最初、♂1♀2で記録が上がっていましたが、今朝は1羽ずつでした。近くにはきてくれないので、medaichiのデジスコでもこれが限界みたいです。昼過ぎにツクシガモ4羽が偵察にやってきましたが、干潟の出が悪かったのか降りてくれませんでした。

陰陽師大兄、オオタカ画像拝借します。

ootaka_onmyouji161115

恐れ多くも、古くからのお客様、陰陽師大兄に今季のオオタカ幼鳥画像を拝借することに・・・。  大兄、勝ってばかり言ってすみませんでした。お気に入りを頂戴してまいりましたW 下面の茶色い子ですねえ・・・って、600/4のフルサイズ、さすがに強力ですね。トリミング耐性半端ないですね。デジスコでちまちまやってるのがアホらしくなります。

ルリビタキがたくさんいました。

ruribitaki_m_1stw今朝は、ルリビタキがたくさんいました。青い♂が一羽と第一回冬羽の♂、あと、第一回冬羽の♀と思われる子が2羽でした。上の写真は第一回冬羽の♂ですね。小雨覆に青味がはっきり見えるから間違いないでしょう。今どきのカメラ・デジスコ機材は良くなりましたから、こういう♂の特徴が撮影されます。「♀ばっかりだよ~・・・」なんて揚げると、あとでアレレ?ということに・・・。

ということで、今日は、せっかくmedaichiのブログを訪れてくださったんだから、手持ちの写真を持ち出してお話ししてみたいと思います。

ruribitaki_m_1stw2この写真は以前撮影した、とても分かりやすい第一回冬羽の♂君。一瞬、雄化の遅れた第二回冬羽?かと思いましたが、一枚だけポチッと幼羽が残ってますから第一回冬羽ですね。脇のオレンジ色や尾羽周辺の青味とかは、写真の写り具合で見え方の具合が違うから、やはり、小翼羽とか頭部の青い羽色が認められないと苦しいかも・・・

ruribitaki_f_1stwさて、この子は、今朝、上の第一回冬羽の♂と一緒にいた子・・・。脇のオレンジ色は狭いし、尾羽の色合いも淡いですね。翼角や小翼羽あたりも青味が見られませんので、この子は第一回冬羽の♀でいいかもしれません。

ruribitaki_f_ad雌の成鳥冬羽は、第一回冬羽の♀に比べて、脇のオレンジも広く鮮やか・・・、尾羽の青味も強いそうです。medaichiは上の写真は、雌の成鳥冬羽と思っていたのですが、今は自信がありませんW      まあ、「♂の特徴がみえないから♀だいっ!!」と開き直っていますが、なんとも悩ましいことではあります。第一回冬羽でも、必ず雌雄の区別がつくかというと、手取りしてもわからん場合もあるらしいので、ややこしい写真を見せられた時、medaichiは、「♂の特徴は見えんから、♀でいいんじゃない。」とお茶を濁すことにしていますW

青い成鳥雄は逃がしちゃいました~、撮れてませ~んW