カテゴリー別アーカイブ: その他

双眼鏡や物撮りとか・・・

medaichiに野鳥屋さんではないお客様から、双眼鏡の視野の撮影とかでお問い合わせをいただくこともあるが、今回はなんと双眼鏡そのものの撮影について、お問い合わせをいただいたので簡単にお答えしておきます。双眼鏡に限らず小物・・・いわゆる物撮りでは上の写真のような撮影ボックスを自作して使っています。

屋外で直射日光を避ければ撮れますが、都度、持ち出すのも面倒だし、物撮りの基本は背景を単純化して、そのものを浮き立だせ強調するってことなので、背景用のペーパでもいいですが、ナチュラルな雰囲気を演出するために、背景は杉の荒材・底面は集成材です。背景に木材を使用した理由はもう一つありますが後述します。影を和らげるため、照明は基本トップとサイドから乳白色のビニル ( ゴミ袋ですW )で散光させてあてます。

光源はLEDで多灯使用しているのは、物の形状によって光の回し方を都度変えるからですね。

まあ、室内の蛍光灯だけでも撮れますが、照明をあてているのは、カメラのレンズを絞り込みたいからです。左の写真は室内の蛍光灯のみで、絞りは開放のF1.7です。これだと奥行きのある場合、ピントの合う範囲が狭く、この場合、対物レンズあたりにピントを持ってくると、奥のピントリング周辺 ( 緑円部 )はボケます。右の写真は照明をあて、レンズはF5.6まで絞って撮影しました。

横位置で単品なら気にすることもないのですが、縦位置あるいは複数台の集合写真なら、この程度の工夫は必要かと・・・。それから、背景を木材にしているのは、左右の写真を比べればお分かりになると思いますが色調が違います。medaichiは万事、大雑把で適当な人間なので、カメラも変わることがありますし、照明の回し方も変わったりします。

結局、撮影した枚数分、補正をしなくちゃいけない羽目になるのですが、背景がペーパなんかの人工物だとなんか難しいわけで、木材だと記憶色に対し不自然にならんようにすればいいし、明るさやコントラストも木目がつぶれたりせんようにしてできますから、medaichi的にはやりやすいからです。

アサギマダラ・キクイタダキ再び・・・

先日、アサギマダラを揚げたら、お客様のN村さんから、マーキングされたアサギマダラの画像をいただいた。無論、野鳥園内での撮影だとのこと・・・。ふむ、マーキングは翅をたたんで横向きにして書くから、背側から見ると反転するのな・・・。なんか、上から標識者のイニシャル・日付(10/6)・標識地コードと思われるのが書き込まれていますね。

そう・・・、medaichiはキクイタダキを、こういう姿勢で冠羽の後部に赤い羽根のある♂を撮影したいんだが、なかなか、うまくいかんもんです。4K動画を延々と回し続けるしかないかも・・・

アサギマダラがいました

早くから緑道に出撃したものの返り討ちに・・・W   不貞腐れてデスクに戻るmedaichiをアサギマダラが慰めてくれました。「こいつも渡り蝶だから、まっいいっか・・・」と撮影。野鳥園の蝶っていうとテングチョウとかルリタテハやけど、春や秋にはこのチョウも通過する。蝶にしては結構なスピードで飛翔するし、なんか滑空してるように見えたりとか、おかしな蝶だ。

盛んに吸蜜してますが、ん~っと、これ何の花だっけ?  ヒヨドリバナ・・・?  ん~、よくわからんのだけれど。 つうか、今日は10月21日でしょ。遅くね?だいたいアサギマダラの秋のわたりって、地域によって違うけど、野鳥園当たりじゃ、9月末から10月上旬で、ちとタイトじゃなかったかな。春は4月の中旬から5月いっぱいチラホラって感じだったと思うんやけどねえ。

暖地では幼虫越冬するらしいのだが、食草の関係で山林に行かないといかんし、幼虫や蛹じゃmedaichiみたいな素人にはみつからんやろうWW

夏鳥たちはまだ・・・その②

なんでも、昨日は大阪城公園でオオルリとセンムシが出たとのこと。「今日こそは・・・」と園内をうろついて、桜の前で粘りましたがあえなく撃沈・・・。お約束のさくらメジロですWW ああ~っと、この子姿勢がいいですね。鳥イラストのネタに使えそうです。わはは、もろに図鑑の写真みたい。

一応、ビンズイの6羽の群れと、シメは観たんですが写真になりませんでした。とりあえずの証拠写真ですみません。

園内をうろついていると、はばたきの丘の北の緑道になにやら白っぽい花が・・・。去年まで無かったんだけどね・・・ハマダイコン? 北池の斜面に自生していたのは知ってたけれど、去年の台風で種が吹き寄せられたんだろうね。つまりこのあたりまで越波浸水していたということです。

ん~っと、ハマダイコンのようです。ハマダイコンの種・・・正確には「莢」か? これって熟しても割れないし、なかにスポンジ状に空気を含むから水に浮きます。風や波で拡散していくということですね。聞くところによると、外来種で「セイヨウノダイコン」ってのがあるらしい。調べてみたけど、よく似ている。そんなに草丈高くないし、もっさり群生してるって感じてもないのですが、不勉強なmedaichiにはよくわかりませんでした。園内、けっこう帰化植物多いもんで・・・

フィールド用の靴を買うことに・・・

以前、「バードウォッチングの時、何を履いていますか・・・」っていう拙稿でNEW BALANCEのMT503って紹介したことあるんですが、一足履きつぶしたので、新調しようと探したら、なんと、ABCマートさんも廃番・・・W  ん~、困った。元が、面倒臭いの嫌いなmedaichiは、身の回りのものは、基本同じものを買い増ししているので、新しいものを買い物に出かけて探すのが苦手だ。

そこで、medaichiのアウトドアつながりの友人に聞きまくると、「これにしとけば~」と教えてくれたのがこれ・・・。MERRELのモアブ2というモデルだ。アウトドアシューズで人気だそうだ。そこで、好〇山荘さんとか、山屋にでかけて探してきた・・・。ん~、今風?  というか、なんかチャラいW

「ソール(靴底)とか、ぐにゃぐにゃだったら嫌だなぁ~・・・」とか思いつつ手に取ると、「むむっ、見た目よりしっかりしてるな~」と思いました。トレッキングシューズっつうほど硬くもありませんので、まあ、日帰りとか荷物の少ない山行、林道とか樹林帯以下の山道なんかの不整地歩きには良いかなと思います。街歩きってことになると、まあ、オーバースペックだろうな~。

GORE-TEX(防水透湿素材)の内張りがあるから、少々の降雨やぬかるみの道でも楽そうには思えます。あと、寒気の厳しい時の使用感と濡れた地面での感触が気になるところだが、ワンサイズ大きいの買って、靴下と中敷きで調整、濡れた地面でも傾斜が無ければOKってお気楽にパスすることにしますW

でもって、靴底に目をむけると「VIBRAM」のロゴが・・・medaichiのような古い山屋にはオンリーワンの信頼のある靴底の専門メーカだから問題なし、決定~!W

VIBRAMは、日本ではビブラムって言われてるけど、これはイタリア語読みやね・・・。英米ではヴァィブラムのはずだ。だからビブラムソールって、靴底のソールを英語使うなら「ヴァィブラム・ソール」・・・。社名をヴィブラムってイタリア語にするなら、靴底のソールはイタリア語のsuole・スゥォレってことになるんだろうが・・・ここんとこはネイティブに聞いたわけでもないので地雷感満載なわけで、このネタは例によって、ご使用に際しては自己責任でお願いしますW  それから、探鳥会とかで使うと、間違いなく嫌われるか、変人扱いされますからくれぐれもご注意くださいWW

蛇足的余談はさておき、こういったフィールド用のシューズで短いローカットが不安なお方は、左のようなミッドカットモデルもあります。medaichi的には、「ゴミや小石が入らなくていいな・・・」って程度かな。「雨でも雪でも鳥見に行くんだいっ!!」っていう強者のご主人なら、当然、選択肢に入りますよね。

しばらく履いてみて、また使用感とか気になるところ、気に入ったところがあれば揚げます。

野鳥園からイルカを観た・・・

今日は野鳥園前の海に、なんとイルカの群れが、10頭ほどだろうか観察できた。1月10日に兵庫県の武庫川の河口沖で、イルカの群れがいたそうだが同じ群れだろうか?  聞くところによると今朝は、イワシ漁の漁船が野鳥園前で操業していたらしいので、イワシの群れを追って、野鳥園前の海に現れたのだろう。