作成者別アーカイブ: medaichi

SE・CFとMonarch HGとか・・・

se_hgb

お話は前後しますが、写真の左の子はNIkonのSEシリーズの10×42です。SEって確かスーペリアEシリーズ( Superior E )の略だったと思いますから、ポロ型の標準機だったEシリーズを超えて優良なという意味合いで、ポロ型のハイグレードと位置付けられていたのでしょう。像質は明るく、今時のハイエンド機種を10点とすれば9点+の評価はできると思います。中心部分のシャープネスも優秀で、これまた、御三家のアルファ級のような軽やかにスパッと「ここだっ!」という決まり方はしませんが正確で光学品質の高さを思わせます。

なによりSEは、当時、フィールドフラットナーを最初に搭載した双眼鏡の1つで、周辺部にわずかに内向きの湾曲があるものの周辺像の崩れは緩やかで、双眼鏡といえば中心部はしっかり見えてても周辺は緩みはあるものだと思っていたmedaichiはびっくりしたもんです。青味がかったコーティングのためかmedaichiには、わずかに暖色系に見えます。色収差はわずかに感じますが、コントラストの高い対象以外は気になりませんでした。

防水されていないので扱いに神経を使うとか、アイレリーフは長いが目の位置にシビアで接眼レンズの中心をはずすとブラックアウトが始まるとか、まあ、今時の上級機からすれば古さを感じる部分もないではないですが、結果としてすでに廃番で、以降、このグレードのポロ型機は市場にはありません。スワロのHabichtとFujinonのFMTぐらいかな。実売価格で福沢先生数人様でしたから、流行りのダハ機で同等のグレードの像質を求めれば、福沢先生10名様以上になるでしょう。

要は、この10×42SE・CFが「このぐらい見えてくれなくっちゃ・・・」と、普段使いの10倍機の決定を邪魔してた部分があります。でもって、発売当初から興味深く検討していたMHGですが、今回「安く譲ってあげてもいいよ~」ってお方がおられましたのでお願いしました。次回からは、数少ない双眼鏡のミッドレンジとして、MHG君とSE両君の見え方を検証してみることにします。

Nikon Monarch HG 10×42・・・その②

mhg_swaro え~っと、前回はmedaichiの鳥見用の10倍機「ただモナ」って、Nikon Monarch 10×42 DCFが引退して後釜探し中ってお話でしたよね。medaichiはシギチドリ関係の水鳥屋なんで、鳥見は基本、干潟・埋立地・河口部あるいは湖沼みたいな開けたところメインです。鳥との距離がある場合がほとんどなんで10倍機に慣れています。でもって、当ブログのお客様は良くご存じのように、普段使いの10倍機を探さんといかんのに5倍や6倍の低倍率機や大口径の50mm径なんかで遊んでばかりいて、肝心の後釜探しをほったらかしにしてましたW 来シーズンの鳥見のためにも、ここらへんでなんとかせんといかんです。

e_pupil 10倍機といっても、前玉30mm径はパス・・・やっぱ40mmですよね。瞳径は4mm基本、5mmあれば快適ですからねえ。この場合の瞳ってのは、双眼鏡の接眼レンズ面から見た明るい像のことで、接眼レンズを通して見るわけですね。板壁に開いた穴から向こう側を覗くことを想像してみれば、穴の大きさは大きい方が覗きやすいですもんね。この射出瞳のサイズは、接眼レンズの直径を倍率で割れば計算できます。

レンズ径40mm ÷ 倍率10倍 = 4mmとなります。

medaichiの場合、「どんな双眼鏡がいいかな・・・」ってのはその都度変わります。(はなから、1台で済まそうという発想がないW)  最近は、「明るくて、視野の広いの・・・」かな。黄色っぽく色かぶりするのは苦手だから、色再現性のいいの・・・。エルゴノミクスっていうのかな、いかにも人間工学を追及しました~みたいな、整形ラバーで飾り立てたの嫌い~。すっきり、クラッシックな持ち飽きないデザインで、ついでに基本のmade in Japan。( 御三家のアルファ級 ?・・・無理無理W )

 でもって、なんだかんだの紆余曲折の果てに、今度、といっても一昨年出た、Monarchシリーズのハイエンド、Nikon Monarch HG 10×42に決めました。冒頭の画像の左の子です。右のスワロのEL 8.5×42  に比べて、10倍機なのにコンパクトですね。スワロ君の800gに対しMHG君は690gと軽量です。ん~、まあ、軽量コンパクトってのも性能の内って言えば言えるんだけどね。鏡筒の長さを短くすれば入射光の角度は増加しますよね。これって色収差補正の難度が上がるだけだし、プリズムサイズを小さくすれば、加工精度・組立精度のハードルが上がりますよね・・・。

monarch_hg10_40a

 ややこしい話はさて置きW、MHG君ですが、今回、medaichiが注目したのは視野の広さです。実視界は6.9度もあります。これはクラス最大値だと思っています。Zeissの最新機種・Victory SFの10×42で6.8度だったからそれを上回ります。EⅡ8×30みたいな広々とした視界が広がって、とても気持ちの良い見え方をするんですが、この辺は次の機会に・・・。

オジロビタキの外側尾羽の白班とか・・・

ojiro_tail2 こないだから、ニシオジロビタキが居ついてくれているということもあってか、友人から問い合わせがあって「オジロビタキの尾羽の白いのってどこね?」とのこと。「そりゃ、外側尾羽の基部やけど何枚かな~? 4枚やったかな・・・」 手元の文一総合出版の「日本の鳥550 山野の鳥」には「・・・、外側4対は基部2/3に白班がある。p.298」と記述されている。ん~、やっぱ4枚ね・・・

 念のため、山と渓谷社の「新版 日本の野鳥」を引っ張り出してみると、なんと、「・・・外側尾羽3枚は基部から2/3が白。p.572」と書かれているではないか。ついでに平凡社の「日本の野鳥650」には、「・・・外側尾羽基部は白い。p.644」とだけ書かれている。ん~っ、なんかよくわからんことに・・・。

 グダグダ文句垂れててもしょうがないので、画像で検証してみましょう。4K-PHOTOの動画で撮って、尾羽の画像を切り出しました。ん~っ、medaichiには外から4枚目・T3 (尾羽は内から外へT1.T2・・・と数える)の外弁(羽軸から見て体の外側、幅の狭い方)が白く見えます。

ojiro_tail1 これまた、念のためお腹側からの画像を・・・。ふむっ、この子、右のT2が短いですね・・・って、そんな話じゃなかったですね。やっぱり、T3の外弁が白いですね。ってことで正解は外側尾羽の3.5枚が白い~って、勝手に決めました。他の個体、例えば成鳥なら、T3の内弁まで白いかもしれませんから、この場合「野鳥園で観察した、第一回冬羽個体を見ると、外側4枚目の外弁まで白い。」ってのが正確なところでしょう。バンダーさんなら知ってるかもね。

 あははは、ハイタカの水掻きに続いて、変わりものネタが続いて申し訳ありませんw  なんかで話題にするときは注意しましょうね。このネタは、また、medaichiがアホなこと書いてる~って、スルーしていただいて結構です。まあ、medaichiは、いつも「図鑑に書いてあることが、実際に野外で観察してどう見えるか検証しましょうね~」って言ってますが、大体はこのようなことで暇つぶしをしていますw

トラツグミとか・・・

171218toratsugumi はばたきの丘周辺でトラツグミの観察が揚がっていたが、medaichiは観ていませんでした。今日は風もなく暖かかったので探しに行くことに・・・。で、東側の階段下でガサゴソやってるのをすぐに発見。あとでわかったのだが2羽いたそうだ。とりあえずパシャリ・・・ってねえ、ん~っ、なんぼmedaichiの写真は分かりやすさ本位、高尚な意図はありませ~んって言ったって、これはひどいですねえ。まるで剥製を置いてあるように見えますW 171218toratsugumi2

  まあね。都市公園で撮ってりゃ、大なり小なりそういう部分は避けて通れんけどね。でも、野鳥はやっぱり環境・・・この場合は採餌している林床部を写しこんだほうがおさまりが良いですもんね。足とか写ってないし、ごちゃごちゃと細かい枝がかぶっていますけど、トラツ君が生きて見えます。プロじゃないんでその辺は割り切ってますが 、まあ、悩ましいことではあります。

ハイタカとか・・・の続き

171217haitaka 秋からいるハイタカ君ですが、やっと野鳥園に慣れてきたのか、展望塔前に来てくれるようになりました。毎年のことで、越冬しにやってきてすぐは警戒して、ナンキンハゼには止まってくれませんが、だいたい年末間際ごろになると・・・、ハイタカ君も「ハハ~ン、カメラの奴らも展望塔からは出てこんのね~」とわかるのか? ハイタカの木や展望塔前のナンキンハゼにとまりだします。

171217haitaka2 でもって、本日のネタは「ハイタカの水掻き・・・蹼って字かな?」って、なんのこっちゃ?  と思われるかと思いますが、まぁ、medaichiが昔から気になっていた部分・・・ん~、鳥頭のmedaichiが考えてることなんでスル~していただいて結構なんですが、今日、ハイタカ君に「趾、見せて~」と言ったら、「ハイッ!」って右足だしてくれたんでお話しすることにしましたW  ハイタカの第三趾(中趾)と第四趾(外趾)の間に退化した蹼様のものが見えます。

普通、陸上で生活している鳥には水掻きはありませんね。サギとかシギチドリ等の水辺を歩く鳥は退化してて半蹼足となっています。ふつう陸上で暮らす鳥にはないはずの水掻きの名残のようなものが、ハイタカにはあるんですねえ。まだ他の猛禽で検証してないんですが・・・。図鑑などで、「ハイタカの第三趾(中趾)は長い・・・」とか書かれてますんで、足趾ばかり観察してたついでのネタです。

karafutoaoashi おまけ写真で、以前、カラフトアオアシシギの撮影時に必死で撮った、足指の水掻きの画像を揚げときます。第二趾と第三趾の間にも水掻きが見えますね。 シギチなんかだと、水辺を歩きやすいように水掻きを小さく進化したってのも納得なんですが・・・。あっ、それから、このネタですが、変わりものだと思われるかもしれませんから、他の人に聞くときは注意したほうがいいかもW

ニシオジロビタキとか

291210nishiojirobitaki 昨日のフィールドノートに、ニシオジロビタキの記載が・・・。「はばたきの丘にいたってよ~」との情報もらって探しに行くことに。丘にのぼるといきなり「ジジジッ」っと来たW。え~っと、喉下に黄色み無し、下部には黄色みがあって大雨覆いに幼羽が残る第一回冬羽ってことね。この段階では♂♀わかりませ~ん。

 いつもは外側尾羽の基部の白色部・・・って見るんですが、今回は前から気になっていた上尾筒の色に注目してみました。暗色ではありますが黒くもないっすね。ここら辺は成幼で羽衣の差はないとか・・・。まあ、地鳴きのコーム音(櫛の歯をジジッっと鳴らしたような音)は、尻上がりでしたからニシオジロビタキでいいのかと。