カテゴリー別アーカイブ: 双眼鏡

Nikon PROSTAFF 7S 8×30

Image13今日は梅雨も一休み・・・、朝から初夏の日の光が爽やかな一日だ。絶好の双眼鏡日和Wということで事務所にこもってチマチマやっているのもつまらないので、Nikon PROSTAFF 7Sを持ち出して、光学パフォーマンスというか見え方を検証してみよう。

Image11まあ、比較する相手が悪いです。「野鳥観察にむく双眼鏡・新旧エントリーモデル比べ・・・」ということで、比べる相手がNikon 8×30 EⅡ・・・現時点で最大級の広視野を誇るモデルだもんねえ。どちらも8倍だから、写真の赤灯台は同じ大きさなんだけど、見える範囲はかなり違います。EⅡが広すぎるんで、NP7の方はこのクラスに普通の標準視界としておきます。実際のぞいてみても、閉塞感を感じるというほどのこととはありません。

この価格帯の双眼鏡としては、P7Sはとても明るい視野ですね。EⅡと比べると僅かにおよびませんが、これは特筆すべきだと思います。そうだなあEⅡを9点として、8点+としておきます。手前の堤防や芦原の描写を見ていただくと明らかなのだが、そう、僅かにコントラストがぬるい。写真にしてみてより明らかなのだが白っぽく見えます。鏡筒内部の迷光処理とか、低コスト化の影響がこんなところに出ているのかもしれません。

Image1センターから周辺への像質の崩れ方を見ようと思っていたら、ちょうど色収差の見本がw歩いてきので一緒に撮影しました。良像範囲は40%位ですが、その後良く頑張って70%手前までは像の崩れ方は緩やか・・・。周辺像質は崩れますが、基本的な使い方なら充分としておきます。中央の色収差も僅かです。

Image4さすがに50%をすぎたあたりから、白いサギが相手だと赤と緑の収差が出始めます。EDガラスとか使ってないし、コンパクトな筐体ならまあこんなもんかと・・・。色収差の出始めあたりから像質も緩み始めます。

Image5周辺画質の補正を欲張らず、接眼レンズもシンプルな構成なので、昔の双眼鏡みたいに50%あたりから内向きの糸巻き収差が出始めます。これは建物とかを見るとわかりますが、野鳥の観察という使い方ならほとんど気にならないでしょう。

 

NIKON PROSTAFF 7S 8×30  

外観を見てみよう②

p7s_2ピントリングには8×30 6.5°の表示が。接眼目当ては3段ステップで、ストロークは7mm程だ。短いようだが、アイレリーフが15.4mと欲張っていないというかW最小限レベルなんでギリOKだ。眼鏡をかけている方のためには、アイレリーフは16mm前後は必要だ・・・。眼鏡の設定は、レンズの内側が眼球から13mmというのを聞いたことがあります。

左右の視度調整リングは右側・・・。ストッパは付いていないが硬いので、使用中に動くことはないだろう。もっとも、一人だけで使う分にはよいが、複数人での使用だと面倒かも。古いダハ機では、この視度調整リングが故障して効かないのがままあるから、この部分は双眼鏡というデバイスの弱点のひとつだとmedaichiは思っている。

それから、極めて控えめなW場所にmade in Chinaの文字が・・・。Nikonを含めて多くのメーカが、普及機の生産拠点を海外に移している。Nikonの場合は現地法人だったと思うが、OEMだったりとか形態は様々だ。当初、あまり感心しないなぁ・・・というような部分もあったが、ここ数年、現地の生産・組立が改善されているので、品質管理や検品の部分で信頼できるメーカの機種を選べば、「おっ!!  これ意外と良いねぇ~」という機種もけっこうあります。

p7s_3筐体にはポテっと厚めのラバーが・・・。保持した感触も良い。このあたり、ヘビーユーザだと長く使っているうちに硬化したり、外装が浮いてブカブカしてきたりとトラブルもあるだろうけど、現時点では評価できません。

対物レンズ、接眼レンズ、プリズムに一般的な緑系の増透コーティングが施されている。発売当初の機種には紫系の反射もあったように思うが、変更されたのだろう。もう少し価格帯の上の機種でもよく似たレベルのコーティングだから、補正を欲張らずレンズの枚数を減らした設計なら、双眼鏡自体の透過感は向上すると思われます。

ここまでのところ、P7S君、基本的なところはentry modelとして、しっかり押さえているとおもいます。

NIKON PROSTAFF 7S 8×30  

それでは毎度おなじみ「シーズンオフのコネタ」ですW。今回は、「野鳥観察に向く双眼鏡・entry modelのbest buyを考えてみる・・・」なんて、大それたお題ですが、まあ、鳥頭のmedaichiのご紹介ですからお気楽に読み飛ばしてください。

外観を見てみよう

prostaff_e2_clでは、今回、ご紹介するNikonのProstaff 7S 8×30(面倒なんで以降P7Sと省略)ですが、お客様のK野さんに見せてもらった時もそうだったのですが、今回あらためてYカメラで展示品を持って、そのコンパクトさに驚かされました。medaichiは前玉(対物レンズ)30mmクラスのダハ機は持ってませんので「へえ~、今時の30mmダハって、こんなに小さいんだ~・・・」とびっくりしました。

写真上段のEⅡと比べてみてもそうですが、下段の20mmクラスのコンパクト機、スワロのCLポケットと比べてみても、そのコンパクトさは明らかですね。medaichiの手は大きい方ではありませんが、それでも片手でもこの通り・・・ 両手で保持したら隠れちゃいますね。ちなみに重さは450gと普段使いの40mm機の800gだの700gprostaff_8_30にくらべれば問題にならない軽さです。そうですよね、双眼鏡って、medaichiみたいなオッサンWだけが使うわけではありません。女性のバーダーや子供達だって使うってことを忘れちゃいけません。

entry modelに限らず、このコンパクトさ・軽さというのも性能のうち、大事な要素であることは間違いないでしょう。加えてスタイリッシュさという要素も考えなければならないでしょうね。一昔前は、みなさん黒くてごついポロ機を使ってらっしゃったことを思うと、若い女性のバードウォッチヤーの方々なんかは、「なんだかなあ、ごつくて不格好・・・」とか「重くて首が疲れちゃうなあ・・・」なんて思ってたんじゃあないでしょうか。

いくら、クッキリはっきり良く見えても、重くてかさばる双眼鏡じゃ、楽しさも半減しますよねえ~。medaichiは見え味優先でポロ機とか好きですけど、時代はコンパクトでスマートで防水も効いたダハ機なんでしょう。メーカーさんがポロ機の良いのから撤退していったのもわかるような気がします。

続きます・・・

鳥見と双眼鏡 entry modelのbest buyを考えてみる

8_30best_buy以前、このブログのお客様から 「バードウォッチングをこれから始めたいと思っているので、2万円以内で購入できるおすすめの双眼鏡お教えてほしい・・・」とコメントをいただいた。実はお返事するに際し、かなり迷いました。もっとも、手に入れ易さを考慮して、現状でYカメラとか大手のカメラ屋さんで販売されている機種の中から選べば良いので、かなり限定されはするのですが・・・

medaichiは双眼鏡のコレクターでもマニアでもないのでW  コレクションのなかから珍しいのを「これ、いいだろ・・・」なんてお見せすることもできませんし、僭越にも鳥見の業界?の案内人を自称Wして、こんなブログをやらせていただいている以上、カタログやwebでスペック確認して「このあたりで良いんじゃないの・・・」なんてお返事も意地でもできません。

そこで、思い出したのが、以前、お客様のK野さんに見せていただいた、冒頭の写真左側にあるかわいらしい双眼鏡「NIKON PROSTAFF 7S 8×30」なのです。第一印象として「なんだコレ!! 生意気な見え方するなぁ~・・・」というのが本音です。第二印象は「今時の8×30のダハ機って、こんなにコンパクトなんだなぁ~・・・」です。ああっと、「生意気な見え方・・・」じゃダメですねWコメントしたことになりませんね。この、NIKON PROSTAFF 7S 8×30の一番のおすすめなポイントは、この価格帯の機種のなかでも優れた視野の明るさと、medaichi好みの僅かに寒色に寄ったスッキリとした見え味です。

お話の方向はそれますが、星などの天体観望や鳥を含めた野生動物、あるいは観劇やスポーツ観戦などと双眼鏡の向けられる対象や場面は様々です。対象を野鳥に限定しても、樹林帯や干潟河口部、撮影やスコープの補助なのか、双眼鏡での観察メインなのか、バードウォッチングのスタイルが様々あるなかで、ぶっちゃけ万能の双眼鏡はありません。

なんか身も蓋もないようなこと言っちゃいましたが、これからバードウォッチングを始めようとしている方々は、誰もが最初の一台を選ばなければなりませんし、medaichiらは、野鳥に興味をもたれた野鳥園のお客様の、そういったご質問にお答えしなければらない場合は少なからずあります。

8_30e2双眼鏡のentry modelってことですね。左の双眼鏡は、一昔前なら「野鳥観察に向く双眼鏡は?」なんて質問をすると、十中八九、「とりあえず、これ買っとけばぁ~・・・」なんて返事の帰って来た、Nikonの不朽の名機・8×30Eタイプの最新モデルのEⅡです。

でも、これって諭吉先生4.5人がかりなんですよねえ~、当時は選択肢少なかったって事情はあるだろうけど、「はじめの一台」にはちょっとハードル高いよなあ・・・。いい双眼鏡だけど。

entry modelっつうとまあ、「初心者向けの製品のこと。機能が限定され、低価格で手軽に利用できるもの・・・」なんて意味合いになるんだろうけど、こと双眼鏡なら、medaichi的にはあえて「初心者向けの製品でも、必要な機能が備わりかつ低価格で手軽に利用できるもの・・・」という風にとらえたいですね。

以降、NIKON PROSTAFF 7S 8×30をご紹介しながら、野鳥観察用の双眼鏡・entry modelのbest buyを考えてみたく思います。

Nikon Monarch HG 10×42・・・おまけ

外 観

monarch_hg10_40ん~と、鳥もいないんし暇なもんでW、もすこしMHG君のご紹介を・・・。見た目、ゴテゴテと飾り立てた感の無い、素っ気ないくらいのシンプルな、クラッシックな雰囲気ただよう外観です。シボ加工されたエラストマー樹脂も鏡筒の手に触れるところだけ薄く施されています。ボテッとしたラバーコートの嫌いなmedaichiは気に入っています。実際、このMHG君、先輩格の10×40 HG L DCFが790gあるのに、680gと15%軽量です。

「見え味最優先! 像質追及のためには重量関係なし!!」というアプローチもありかとは思いますが、今回は「普段使いの双眼鏡選び」ってことで「軽量コンパクトも性能の内・・・」、道具としての双眼鏡選びという立場でえらんでみました。

レンズコーティング

monarch_hg10_40e対物レンズには青緑と青、プリズムは緑がかった青、接眼レンズは緑や青、ピンクの増透コーティングが・・・。旧モナークに比べて明らかに反射の強度は低く、ほの暗い上質のコーティングが施されています。Monarch7以降、対物・接眼レンズ表面を傷から守るarmor coatingが採用されているようだ。お手入れとかには楽になりますね。

迷光対策

monarch_hg10_40f鏡筒内部の迷光対策も少し・・・。鏡筒内はつや消し処理とびっしりと迷光の反射を防ぐ溝が施されています。このような枠や鏡筒内部のネジを切ったような内面反射の防止のための加工を「遮光線加工」というらしいです。medaichiは最近知りましたW   冗談でなく、平素、双眼鏡を使う鳥屋のくせに道具としての双眼鏡について不勉強だったか思い知りました。余談はともかく、このあたりの加工が不十分だと、逆光時にフレアが生じやすくコントラストに影響します。

接眼レンズの方から見ると、射出瞳の周辺の反射も少なく丁寧に作りこまれています。夜間の迷光の少ない条件で使用する天体屋さんより、我々、鳥屋のほうが本来こういうところに気をつかわんといかんのでしょう。

アイレリーフと視度調整

monarch_hg10_40cアイレリーフは17mmあるから眼鏡使用の方でもOKでしょう。17mmに対し接眼目当てのストロークは10mmほどだ。不足はないが出来ればもう少しあったら楽かなと思う。medaichiの標準機のスワロ君のアイレリーフは20mm、対するストロークは14mmである。せっかくのロングアイレリーフも目当てのストロークが足りないと、視野がかげりやすいので見心地に影響する。双眼鏡を浮かし気味にしないとちゃんと見えないのなんか普段使いには無理!

視度調整は左のキャップを引き上げて調整し、キャップを戻せばロックされる。程よい硬さで、双眼鏡から眼を放さずに調整できるからGOODとしておこう。

その他付属品など

monarch_hg10_40d像面歪曲収差を補正して視野周辺の像質をあげるfield flattener systemの表示が・・・。となると構成的にはMonarchシリーズのハイエンドっつうより、まんま、旧いHGシリーズ・10×40 HG L DCFの後継機種じゃないかなと思う。価格帯も一緒だしねえ。人気シリーズのハイエンドとして市場にだしたい営業上のニーズってやつかもしれませんW

それから、基本のmade in Japanの表示が見えます。Nikonは、Monarchシリーズの生産拠点を中国に移していたから、そういった観点からも、このミッドレンジのMHGはモナークシリーズのハイエンドというより、旧HGシリーズの直系という風格が漂います。

monarch_hg10_40b おまけに、今までどのメーカも一体型の鏡筒にはめ込む型の接眼キャップがほとんどだったけど、MHGは鏡筒端にスリットが切ってあり、接眼キャップとの一体感を高め、「ぶらぶらのキャップなんか要らねえよ~・・・」っていうユーザのために別にラバーガードを付けてくれている。その上から装着できるキャップも、格納時のことを考えると欲しくなるけど、使えるキャップを探すことにします。

最後に

今回、普段使いの10倍機選びで思ったことは、まあ、鳥屋だから当然といえばそれまでなんだけど、いままで記憶に残る野鳥たち、たとえばかっこいいハイイロチュウヒの雄とか愛らしいベニバト、鳥見を始めたころの初めて見たサンコウチョウの雄とか、全部、双眼鏡で見てるんですよね。撮影の時だって双眼鏡無しで行くことは無いし、これほど身近なツールなのに知らないことがいっぱいあるなあってことでした。

身近な双眼鏡だけに、「こいつさえあれば大丈夫!!」ってくらい信頼のおける相棒にめぐり逢えたらいいですね。鳥屋のくせに専門外のことをあれこれ書きちらしていますが、ブログのお客さんにもっと双眼鏡に興味をもっていただければいいなと思いながら書かせていただいてます。

SE・CFとMonarch HGとか・・・②

中央部の解像感hg_se_focus_a

 それでは、SE10×42とMHG10×42の両君の見え方を見てみましょう。なんたって双眼鏡はクッキリ・ハッキリ、解像感と発色ですもんね。でもって、展望塔から近くのアシ原を・・・。風で揺れるのが面倒ですが、まぁ、何とかなるでしょう。それぞれの視野に入れた目盛りはセンターからの割合です。ぱっと見ただけで、両君ともに中央部の解像感が良いのがわかります。でも検証にならないから、中央部の20パーセントほど等倍で切り出してみます。

hg_se_focus_b う~ん・・・、ほぼハイエンドに近い光学品質の余裕のポロ機SE10×42に対し、MHG君、健闘しているではありませんか。屋外なんで光線の状態はすぐかわりますから、ご参考までに。まぁ、中央部の解像感に限って言えば優秀といえると思います。

視野の周辺像 hg_se_focus_c

SE10×42のセンターから視野周辺までを切り出しました。良像の範囲は40%ほどですが、眼視で見ていただけでは、そこから周辺にいたるまでフラットな印象がありました。今回、始めて画像で検証してみたのですが、像質の崩れは、やはりあるものの崩れの度合いが緩やかで軽微であり、そして、なだらかな自然な変化なので、「この辺から・・・」と崩れを意識せずにいたのかもしれません。こういう自然な像質の崩れ方って肉眼の見え方に近いので好感が持てます。廃番になっても人気が衰えない理由かもしれません。

hg_se_focus_d MHGのセンターから周辺部です。やっぱり新しい双眼鏡なので、SEとは味付けが異なりますね。良像の範囲は50%を超えるかも・・・言い過ぎかW。50%としておきます。70%位まで崩れず粘りますが、80%あたりから崩れが目立ちます。ただし、以前も書きましたが、撮影したカメラレンズも周辺部にいくにつれて甘くなりますから、実際、眼視だともう少し周辺まで良く見えます。

 「広視界ながら、フィールドフラットナーレンズシステムの採用により視野全域でシャープでクリアな像を実現・・・」ってのが、Nikonの宣伝COPYなんですが、まあ、視野全域ってのは少々割引せんといかんでしょう。ハイエンドのEDGEに比べれば周辺部は甘いです。ですが、medaichは鳥屋さんなので否定的な印象はありません。広い視界のコンパクトなダハ機でここまでやってくれれば後釜には合格としておきます。おまけですがピントの合う最短距離はNikonのサイトでは2.0mとなっていましたが、実際は最近の双眼鏡らしく、1.6m前後まで合いました。

色再現と色収差hg_se_ca_a

 さて、像の明るさはわずかにSE10×42の勝ち・・・。MHGも明るいです。表現は悪いですが、ギラギラするようなハイエンド級の明るさとまではいきませんが、各メーカの普及機クラスとは別格の明るさです。像の色合いも自然で、medaichiの苦手な黄色かぶりもありません。青緑味を極めて僅かに感じます。

hg_se_ca_b 少し引っかかったのは、MHG君、ミドルエンドというか、この価格帯の機種にしては色収差が多め・・・。お天気が良くコントラストの強い場合、やや目立ちます。建物の縁とか窓の縁を見ていただければわかると思います。もっともSEだけでなく大抵の機種でも、周辺部では色収差は増加するんですが、「ED(特殊低分散)ガラスの採用により、色にじみの原因となる色収差を補正し・・・」云々ってのは期待外れでした。鏡筒が短くなった影響かも。「野鳥で白いのってサギくらいしかいないし、まっ、いいっか・・・」とスルーすることにしました。

悪口はこのぐらいで終わっときます。視野の周辺部75~80%位からの像の崩れと、多めに感じる色収差ぐらいかな。コンパクトな筐体を採用したってことの影響かも・・・。鏡筒を短くしプリズムをサイズダウン、当然、レンズ・プリズムの加工組み立てとか精度が要求されると思うんですが、視野の大きさにもかかわらずよく補正されていると思います。Nikonのトライは歓迎ですね。MHGのシリーズって、対物30mmクラスが企画されてないのかなあ、興味ありますねえ。