カテゴリー別アーカイブ: 野鳥

ダイダイサギ夏羽か・・・?

野鳥園の本サイトのお客様ならご存知の方もおられるだろうが、medaichiが揚げている記事の中に「ダイダイサギとチュウダイサギ・・・大きなサギのややこしいお話」ってのがあって、要は年中見られるダイサギと言われていたもののなかに、北方種で、冬にやってくるやや大型な亜種ダイサギ Ardea alba albaと、日本で繁殖し普通にみられる亜種チュウダイサギ Ardea alba modestaがいるというお話しだ。

そんな経緯もあってmedaichiはサギもけっこう真面目にみているのだが、3/28の北池干潟に大きさの差が顕著な個体がいた。本サイトに書いてあるが、亜種ダイサギの全長は104cm~98cm 亜種チュウダイサギの全長は94.0cm~ 83.8cm 平均89.3cmで、medaichiが今まで観察した経験では数字以上に大きく見えるのだ。「アオサギが来ないかな~」等と都合の良いことを考えていたら飛ばれてしまったWW

「山渓ハンディ図鑑7 新版日本の野鳥」に数年前の4月に岩国市で撮影された亜種ダイサギ夏羽の写真が掲載さされているが、どうも亜種チュウダイサギ夏羽との識別は羽衣に関しては難しそうだ。まあ、最初に「ダイダイサギとチュウダイサギ・・・」を書いたのが2012年・・・。冬羽の個体は幾度か観察できたが、8年越しで亜種ダイサギの夏羽と思われる子を観察できたと、個人的には少々達成感みたいなものを感じてはいるWW

3/2 ウミアイサとか・・・

近くにウミアイサのお嬢がやってきた・・・なんで?  しきりに潜っているから、まあ採食してるんやろうけれど。

浮かび上がってきたところを連写・・・。おお~、カニを捕えていました。図鑑の記述にも「潜水しては魚や甲殻類を捕える・・・」とか書いてあります。

植栽を刈ったところにはホオジロが出るようになりました。普通に見られる野鳥なんですが、野鳥園ではそんなに多い子ではありませんでした。春の渡りに備えて機材のチェックでパシャリ!

ウォーミングアップってことで・・・

年明けの風邪を言い訳にして撮影をさぼっていたmedaichiなんだが、春の渡りを目前にええ加減にせんといかんというわけで、今朝は練習がてらカメラを担いで出かけてみたらモズ♂君がでむかえてくれた。モズは冬季は単独で縄張りし、よい環境は強い♂個体が占有するってことらしい。あまり園内で♂個体を見ることもないので撮らせていただくことに・・・

ああ、それからモズ♂の翼の白班ですが、場所は初列風切の基部です。写真を持っていないのでイラストにするとこんな感じ。キビタキ君の白班とは違いますね。ちなみに、アカモズとかその亜種に紛らわしいのがいますが、翼の白斑はありません。薄色でなんだかんだになっても、白班があればモズってことでいいでしょう。以前、野鳥園で観察されたことのあるタカサゴモズには、初列基部に同様の白班がありました。

でもって、おなじみジョウビタキのお嬢・・・。サクラの花芽の横にとまってくれたのでパシャリ。春が待ち遠しいですね。

メジロ君達が緑道の水たまりで水浴びを・・・。手前の落枝が邪魔だったので回り込んだのですが飛ばれてしまいましたW  残念。

そうこうしているとおなじみのニャンコ先生が・・・。あれ?  この子右耳の先端が切れてますね。寡聞にして不勉強なmedaichiは知らんかったのですが、この耳先の切れ込みは人為的なもので、野良君達の保護団体の方達が、一度捕獲し、避妊手術を施したのち再捕獲を避けるためにマークしたものらしいです。

まあ、「避妊した一代限りの命だから、地域猫ってことで暖かく見守ってください。」ってことなんでしょう。この子は触らしてはくれんかったけど逃げません。時々、ご飯をもらっているのかも・・・。耳の形がサクラの花びらみたいだということで、この子達は「さくらねこ」と呼ばれてるらしいです。なかなか粋なお名前で感心しました。

medaichiも以前はこんな野良君達に冷たい視線を向けていた時期がありました。でも、離島とか特殊な環境、脆弱な生態系以外はまあいいんじゃないかと。medaichiの子供の頃は野良君なんぞいっぱいいたけど、野山には生き物がたくさんいたもんね。本来の生態系に無い生物なんていったって、野良君を含めハトやカラス、外来種とか全部ヒトの所業だし。野良君の一匹や二匹、笑って共存できるくらい自然環境が保全され、社会が寛容さを取り戻せたらいいなと思いますね。このお題はここまで。

今いるミコアイサはこの子達です

え~、皆様明けましておめでとうございます。元旦が休館でしたから今朝(1/2)はmedaichiも初出となります。9時前に到着すると、カメラのお客さんがなんと10人以上も・・・。わはは、皆さんお好きですね~というか熱心ですね~。

でもって展望塔に出ると、ミッツ黒猫さんがミコ♂がいると教えてくれたので早速撮影・・・、西池の奥だし300m以上あるけど、冬の順光なもんでなんとか届くか。ホオジロガモ、キンクロハジロ、スズガモとかの潜水採餌ガモと一緒にいるのをパシャリ。

近くをホオジロガモ♀が横切ったんだが、「んっ? 嘴が黒い・・・1stwか?」

「最近、カモなんてマジ観ないし~、わからんWWW」そんな不真面目なmedaichiの強い味方の図鑑をご紹介しておこう。誠文堂新光社から出ている「日本のカモ識別図鑑」だ。この手の図鑑を多数書いておられる氏原先生の本。日本に生息あるいは観察例のある48種を網羅し、雌雄成幼の識別に関する情報が満載。まあ、現時点で一般的に入手できるカモ類の資料としてはまず最強じゃないかと。

ん~、「カモしか載っていない図鑑に、税込3.850円・・・」かあ。これを惜しくないと思える貴方は、かなりお病気が進行しておられますね。もっとも、正月の二日早朝から、野鳥園の展望塔でバシバシやってるカメラのお父さんなんざ、自動車買えるくらいつっこんでおられる方も・・・。くらべりゃ、お病気も微熱くらいカモねWW

トビを見てみる・・・

ボケ~っと外を見ていたらW 、トビの幼鳥が落ちてきたので記念撮影・・・。ん~、トビの幼鳥っつうと、頭から下面は赤みが無くて淡色の軸班から先端に幅広のバフ班があるかと・・・。まあ、そんなにしっかり見てるわけでもなく写真も持っていないので甚だ心もとないが、第一回目の冬の今頃だと頭部だけが成羽のような赤褐色の羽に換羽している子がいる。

この子は、ほぼ同じ頃、2015年の12月22日に撮った子だが、体下面は赤褐色味を帯び、ずいぶんと違って見えます。撮影した時は、お気楽に「成鳥~」と思っていましたが、この記事を書くのに写真を探し出して改めて観ると、下大雨覆先端の淡色部とか、次列風切の色とか怪しい。トビに2年目の冬羽ってあるか知りませんし適当なこと言えませんから、このお題はこれまで~WW