カテゴリー別アーカイブ: アウトドア

鳥見るとき、何履いてます・・・? その2

バードウォッチング関係の本とかサイト見ると、「公園や緑道ならスニーカーでもよいですが、野山や足元の悪いところなら、トレッキングシューズがお勧めです。」なんて書いてある場合もあります。medaichiは昔はネジの緩んだ山屋だったので「んっ?」と思ったのですが、「トレッキングシューズって、オーバースペックじゃね?」ってことですね。scarpa

medaichiがお山に登っていたころは、登山とトレッキングの違いっていうと「雪のある所より上に行くのが登山、雪線より下を行くのがトレッキング。」って言ったと思います。ぶっちゃけ、12本とか10本爪のアイゼンが付けられるのが登山靴、アイゼンが付けられないのはトレッキングシューズなんて大雑把な区別ですね。実際、medaichiは、夏の北アルプスの稜線ルートならたいていは、上の写真のようなので行ってました。

sole_shank2

イラストで説明するとこんな感じ。ハッキリ言って登山道を、ある程度重量のある荷物を担いで、数日歩くための靴ですから、結構、しっかりした作りになっています。街中の靴との一番の違いはソール(靴底)の硬さにあります。曲がりにくいので平坦な整備された道では歩きにくいです。日帰りのハイキングやバードウオッチングのように、荷物の少ない場合は行き帰りが、ドタドタして歩きにくいもんです。medaichiがお山に登り始めたころは、革の重たい登山靴か、せいぜいキャラバンシューズ(うわ~っ、懐かしい!!今の人、わからないだろうな~W) しかありませんでした。

そんな旧い話は置いといて、いくらスニーカーで通しているmedaichiでも、冬はきついですW それと、雨に降られると難儀します。余談になりますが、先輩から「山の三種の神器は、リュック、雨具と靴」なんて教えられました。いくら良い雨具を着ていても、特に冬は靴が濡れるとうっとうしいので、良い靴が欲しくなります。トレッキングシューズほど大げさでなく、アウトドアで気軽に履けるの・・・。hikingboots

今は良い靴がたくさんありますね。いわゆるアウトドアシューズとか、ハイキングシューズとかにジャンル分けされるのでしょうか? medaichi的には、「ここからはトレッキング向け、ここからはハイキング向け」というようなものは、今はハッキリ区別できないと思います。それだけ選択の範囲が多すぎて、かえって面倒になっているのでしょうね。

まあ、バードウオッチングなんて浮世離れしたというか、空や、樹の枝先ばっか見上げてるような趣味は、文字通り足元がおろそかになりがちなもんです。バードウオッチングに向く靴といえば、ちょっとした不整地・フィールドで、気を遣わずに楽に歩きまわれる靴ってことになるのでしょうね。そういった意味合いでなら、スニーカーよりも、最初は違和感あるかもしれませんが、このようなミッドカットのアウトドアシューズにアドバンテージがありますね。

keen

寒い季節もさることながら、およそ、アウトドアでの楽しみは足元を濡らしちゃうと半減するものです。日帰りの鳥見でも、撥水・防水の効いた靴は助かりますね。野鳥園ですら、朝露の芝生や、雨上がりなんか、スニーカーだとズクズクに濡れますもんね。medaichiは、冬の間や、雨にやられそうなときは、こんな革のモデルを使っています。

こちらは低山や河原みたいな、ちょっとした不整地歩きのイメージで靴を探しているのに、登山用品店で「トレッキングシューズ」なんていうと、夏場の北アルプスでも行けそうなの勧められることもありますからねえ・・・。「よく行って、金剛山、林道歩き、日帰りのみだいっ!!」って、ハッキリ言いきってくださいねW

 

鳥見るとき、何履いてます・・・?

mt503_bk「なんでまた、いきなり靴なんだ~!」とお叱りを受けそうだけど、双眼鏡だの図鑑だの、まあ、要は鳥ネタ以外でも、こんな寒い季節は、medaichiが普段使っているお気に入りのグッズのご紹介でお茶を濁そうという魂胆ですW とはいうものの、今回、ご紹介するスニーカー、NEW BALANCEのMT503ですが、medaichiは、ここ数年、こればかり履いてます。

ぱっと見て、アウトドア風味の味付けですよね。これ、ABCマートの止め型というか限定モデルみたいです。NEW BALANCE公式サイトにはありません。スタイル的にはトレイルランニング用だそうで、ソールは柔らかいし、不整地でも傾斜があったり、路面が濡れてたら怖そうではあります。

コテコテのスニーカーマニアや山屋さんからは「あ~だ、こうだ」いわれそうですが、medaichi的には、街歩きや低山でお天気が良い日なら、このシューズはお気に入りです。定番商品ということもあるんでしょう、お値段も漱石先生数人がかりとこなれてますし、素材も意外としっかりしてて毎日履いてても型崩れしないところが良いですね。もちろん、medaichiの足に合うってのが最低条件・・・

mt503_3どの位お気に入りかというと、色違いで現在3足持ってますW   というか、スニーカーはこれしか持っていません。真ん中のグレーの子なんか、一年以上履きたおしてますがまだまだいけますね。medaichiは堅気の勤め人ではないので、仕事の時も楽なんで黒い子を履いてます。だいたい、一年中、いわゆるアウトドアウェアを着てるし~

普通、バードウオッチングの際にお勧めするシューズなんて言うと、都市公園を卒業して、低山等のフィールドや、天候の悪化にも対応できる、ミドルカットのハイキングシューズってことになるんでしょうが、ちゃんとしたハイキングシューズとか、しっかりしたトレッキングシューズって、ソールが硬くて、かえって街中では歩きにくいし、お値段もけっこうするのでもったいないですよね。medaichiは、都市公園でのお気楽バードウオッチングには、こんな、「なんちゃってアウトドアシューズ」に決めてます。

ああ、すみません。「なんちゃって・・・」なんて書くと、NEW BALANCEさんにおこられますよね。先にソールが柔らかいって書きましたが、真ん中からグニャっと曲がる、ウォーキングシューズ的ということではありません。meaichi好みの足指の付け根付近でちゃんと曲がってくれます。「街歩きでもOKなアウトドアシューズ」って言いなおしますW