カテゴリー別アーカイブ: 機材

Nikon PROSTAFF 7S 8×30

Image13今日は梅雨も一休み・・・、朝から初夏の日の光が爽やかな一日だ。絶好の双眼鏡日和Wということで事務所にこもってチマチマやっているのもつまらないので、Nikon PROSTAFF 7Sを持ち出して、光学パフォーマンスというか見え方を検証してみよう。

Image11まあ、比較する相手が悪いです。「野鳥観察にむく双眼鏡・新旧エントリーモデル比べ・・・」ということで、比べる相手がNikon 8×30 EⅡ・・・現時点で最大級の広視野を誇るモデルだもんねえ。どちらも8倍だから、写真の赤灯台は同じ大きさなんだけど、見える範囲はかなり違います。EⅡが広すぎるんで、NP7の方はこのクラスに普通の標準視界としておきます。実際のぞいてみても、閉塞感を感じるというほどのこととはありません。

この価格帯の双眼鏡としては、P7Sはとても明るい視野ですね。EⅡと比べると僅かにおよびませんが、これは特筆すべきだと思います。そうだなあEⅡを9点として、8点+としておきます。手前の堤防や芦原の描写を見ていただくと明らかなのだが、そう、僅かにコントラストがぬるい。写真にしてみてより明らかなのだが白っぽく見えます。鏡筒内部の迷光処理とか、低コスト化の影響がこんなところに出ているのかもしれません。

Image1センターから周辺への像質の崩れ方を見ようと思っていたら、ちょうど色収差の見本がw歩いてきので一緒に撮影しました。良像範囲は40%位ですが、その後良く頑張って70%手前までは像の崩れ方は緩やか・・・。周辺像質は崩れますが、基本的な使い方なら充分としておきます。中央の色収差も僅かです。

Image4さすがに50%をすぎたあたりから、白いサギが相手だと赤と緑の収差が出始めます。EDガラスとか使ってないし、コンパクトな筐体ならまあこんなもんかと・・・。色収差の出始めあたりから像質も緩み始めます。

Image5周辺画質の補正を欲張らず、接眼レンズもシンプルな構成なので、昔の双眼鏡みたいに50%あたりから内向きの糸巻き収差が出始めます。これは建物とかを見るとわかりますが、野鳥の観察という使い方ならほとんど気にならないでしょう。

 

NIKON PROSTAFF 7S 8×30  

外観を見てみよう②

p7s_2ピントリングには8×30 6.5°の表示が。接眼目当ては3段ステップで、ストロークは7mm程だ。短いようだが、アイレリーフが15.4mと欲張っていないというかW最小限レベルなんでギリOKだ。眼鏡をかけている方のためには、アイレリーフは16mm前後は必要だ・・・。眼鏡の設定は、レンズの内側が眼球から13mmというのを聞いたことがあります。

左右の視度調整リングは右側・・・。ストッパは付いていないが硬いので、使用中に動くことはないだろう。もっとも、一人だけで使う分にはよいが、複数人での使用だと面倒かも。古いダハ機では、この視度調整リングが故障して効かないのがままあるから、この部分は双眼鏡というデバイスの弱点のひとつだとmedaichiは思っている。

それから、極めて控えめなW場所にmade in Chinaの文字が・・・。Nikonを含めて多くのメーカが、普及機の生産拠点を海外に移している。Nikonの場合は現地法人だったと思うが、OEMだったりとか形態は様々だ。当初、あまり感心しないなぁ・・・というような部分もあったが、ここ数年、現地の生産・組立が改善されているので、品質管理や検品の部分で信頼できるメーカの機種を選べば、「おっ!!  これ意外と良いねぇ~」という機種もけっこうあります。

p7s_3筐体にはポテっと厚めのラバーが・・・。保持した感触も良い。このあたり、ヘビーユーザだと長く使っているうちに硬化したり、外装が浮いてブカブカしてきたりとトラブルもあるだろうけど、現時点では評価できません。

対物レンズ、接眼レンズ、プリズムに一般的な緑系の増透コーティングが施されている。発売当初の機種には紫系の反射もあったように思うが、変更されたのだろう。もう少し価格帯の上の機種でもよく似たレベルのコーティングだから、補正を欲張らずレンズの枚数を減らした設計なら、双眼鏡自体の透過感は向上すると思われます。

ここまでのところ、P7S君、基本的なところはentry modelとして、しっかり押さえているとおもいます。

NIKON PROSTAFF 7S 8×30  

それでは毎度おなじみ「シーズンオフのコネタ」ですW。今回は、「野鳥観察に向く双眼鏡・entry modelのbest buyを考えてみる・・・」なんて、大それたお題ですが、まあ、鳥頭のmedaichiのご紹介ですからお気楽に読み飛ばしてください。

外観を見てみよう

prostaff_e2_clでは、今回、ご紹介するNikonのProstaff 7S 8×30(面倒なんで以降P7Sと省略)ですが、お客様のK野さんに見せてもらった時もそうだったのですが、今回あらためてYカメラで展示品を持って、そのコンパクトさに驚かされました。medaichiは前玉(対物レンズ)30mmクラスのダハ機は持ってませんので「へえ~、今時の30mmダハって、こんなに小さいんだ~・・・」とびっくりしました。

写真上段のEⅡと比べてみてもそうですが、下段の20mmクラスのコンパクト機、スワロのCLポケットと比べてみても、そのコンパクトさは明らかですね。medaichiの手は大きい方ではありませんが、それでも片手でもこの通り・・・ 両手で保持したら隠れちゃいますね。ちなみに重さは450gと普段使いの40mm機の800gだの700gprostaff_8_30にくらべれば問題にならない軽さです。そうですよね、双眼鏡って、medaichiみたいなオッサンWだけが使うわけではありません。女性のバーダーや子供達だって使うってことを忘れちゃいけません。

entry modelに限らず、このコンパクトさ・軽さというのも性能のうち、大事な要素であることは間違いないでしょう。加えてスタイリッシュさという要素も考えなければならないでしょうね。一昔前は、みなさん黒くてごついポロ機を使ってらっしゃったことを思うと、若い女性のバードウォッチヤーの方々なんかは、「なんだかなあ、ごつくて不格好・・・」とか「重くて首が疲れちゃうなあ・・・」なんて思ってたんじゃあないでしょうか。

いくら、クッキリはっきり良く見えても、重くてかさばる双眼鏡じゃ、楽しさも半減しますよねえ~。medaichiは見え味優先でポロ機とか好きですけど、時代はコンパクトでスマートで防水も効いたダハ機なんでしょう。メーカーさんがポロ機の良いのから撤退していったのもわかるような気がします。

続きます・・・

鳥見と双眼鏡 entry modelのbest buyを考えてみる

8_30best_buy以前、このブログのお客様から 「バードウォッチングをこれから始めたいと思っているので、2万円以内で購入できるおすすめの双眼鏡お教えてほしい・・・」とコメントをいただいた。実はお返事するに際し、かなり迷いました。もっとも、手に入れ易さを考慮して、現状でYカメラとか大手のカメラ屋さんで販売されている機種の中から選べば良いので、かなり限定されはするのですが・・・

medaichiは双眼鏡のコレクターでもマニアでもないのでW  コレクションのなかから珍しいのを「これ、いいだろ・・・」なんてお見せすることもできませんし、僭越にも鳥見の業界?の案内人を自称Wして、こんなブログをやらせていただいている以上、カタログやwebでスペック確認して「このあたりで良いんじゃないの・・・」なんてお返事も意地でもできません。

そこで、思い出したのが、以前、お客様のK野さんに見せていただいた、冒頭の写真左側にあるかわいらしい双眼鏡「NIKON PROSTAFF 7S 8×30」なのです。第一印象として「なんだコレ!! 生意気な見え方するなぁ~・・・」というのが本音です。第二印象は「今時の8×30のダハ機って、こんなにコンパクトなんだなぁ~・・・」です。ああっと、「生意気な見え方・・・」じゃダメですねWコメントしたことになりませんね。この、NIKON PROSTAFF 7S 8×30の一番のおすすめなポイントは、この価格帯の機種のなかでも優れた視野の明るさと、medaichi好みの僅かに寒色に寄ったスッキリとした見え味です。

お話の方向はそれますが、星などの天体観望や鳥を含めた野生動物、あるいは観劇やスポーツ観戦などと双眼鏡の向けられる対象や場面は様々です。対象を野鳥に限定しても、樹林帯や干潟河口部、撮影やスコープの補助なのか、双眼鏡での観察メインなのか、バードウォッチングのスタイルが様々あるなかで、ぶっちゃけ万能の双眼鏡はありません。

なんか身も蓋もないようなこと言っちゃいましたが、これからバードウォッチングを始めようとしている方々は、誰もが最初の一台を選ばなければなりませんし、medaichiらは、野鳥に興味をもたれた野鳥園のお客様の、そういったご質問にお答えしなければらない場合は少なからずあります。

8_30e2双眼鏡のentry modelってことですね。左の双眼鏡は、一昔前なら「野鳥観察に向く双眼鏡は?」なんて質問をすると、十中八九、「とりあえず、これ買っとけばぁ~・・・」なんて返事の帰って来た、Nikonの不朽の名機・8×30Eタイプの最新モデルのEⅡです。

でも、これって諭吉先生4.5人がかりなんですよねえ~、当時は選択肢少なかったって事情はあるだろうけど、「はじめの一台」にはちょっとハードル高いよなあ・・・。いい双眼鏡だけど。

entry modelっつうとまあ、「初心者向けの製品のこと。機能が限定され、低価格で手軽に利用できるもの・・・」なんて意味合いになるんだろうけど、こと双眼鏡なら、medaichi的にはあえて「初心者向けの製品でも、必要な機能が備わりかつ低価格で手軽に利用できるもの・・・」という風にとらえたいですね。

以降、NIKON PROSTAFF 7S 8×30をご紹介しながら、野鳥観察用の双眼鏡・entry modelのbest buyを考えてみたく思います。

CASIO EXILIM EX ZR-4000とか・・・②

casio3 広角19mmのお話の続きです。EXILIM EX ZR-4000のワイド端は4.06mm、35mm換算で19mmなんですが、垂直画角は1.7型センサだとどうなるのかなあ・・・。って、計算すると70.13度ってなりました。MONARCH HGの見掛け視界が62.2度だから余裕で収まりますね。21mm相当でも64.9度ってなりますから若干の余裕がありそうなんですが、ちょっとタイト・・・。セッティングが面倒なので19mm使うだろうなあ・・・。

casio4 んっ~、スッキリと収まってくれるのはいいんだけれど、像質の評価ってことになるとねえ・・・。1.7型の1200万画素って、ちと非力かな。切り取って1280picにリサイズしてみました。上半分の19mmで撮影した方は画素数が足りずにつぶれ気味。24mmでの撮影分のほうが細部まで描写できてるのはハッキリしてますね。評価にはもうちょっと大きく撮ったほうが良いようです。

評価に際して、24mmあたり使うんなら、今使っているm4/3のPANAで十分じゃないか~って、CASIO買った意味ねえって・・・W  見掛け視界62.2度の写真を撮るためだけに、コンデジ一台って馬鹿らしくないか~ってご意見もございましょうが~、いいんです。趣味だから( キッパリ )     だって~、視野の上下が切れるのって気持ち悪いじゃないですか~。

casio5

なんと、今時のチルト液晶って便利ですねえ・・・最近のコンデジなんか全然不勉強なmedaichi。自撮りもこんなに簡単・・・って、あはは、誰もmedaichiの自撮りなんて見たくねえって、失礼しましたWWW。

 

 

casio6 自撮りはさて置き、EXILIM君、マクロで30mmまで寄れる・・・。ん~、便利かも・・・。昆虫とか花とかの寄ったカットが要るときは重宝するだろうなあ・・・って、さらっと言っちゃったけど、近接撮影って、本当は面倒なんだぞお~。照明のあてかたとかブレ防止とか・・・。でも、EXILIM君、簡単に撮れますねW

新/お仕事用カメラ CASIO EXILIM EX ZR-4000とか・・・

casio1このブログで双眼鏡の見え方をご紹介するとき、コンデジを使ってコリメート撮影をしているんだけど、大抵、左のように、イメージの上下が収まりきっていなかった。市販のコンデジの場合、ズームレンズの広角側は24mmスタートってのがほとんどだからしかたがないんだけれど・・・。「20mm以上の超広角があれば、なんとかおさまるんだけどなあ~」

ということで、現時点で唯一、超広角19mmスタートのレンズ使用のコンデジであるCASIOのEXILIM EX ZR-4000にトライしてみました。右側の19mmと表記したのがそうです。実にすっきりと見掛け視野の広い、モナーク HG 10×42の視野が収まります。

casio224mmと19mmじゃ、写る範囲がこんなに違う。なるほど納得しました。

casio3まあね、撮像素子も1.7型だし、ズーム比も5倍ほど、スペック的にはどってことないコンデジです。見掛けもパッとしませんW わははは、CASIOさん、ごめんなさい!  まあ、購入させていただいたんで勘弁してください。

casio4例によって意地の悪い比較だけどm4/3のLUMIXと比べてみました真ん中あたりの等倍画像です。撮影日が違うので厳密な比較にはならんけど、EX-ZR 4000頑張ってますねえ。これなら十分、お仕事用カメラとして活躍してくれそうです。