新/お仕事用カメラ CASIO EXILIM EX ZR-4000とか・・・

casio1このブログで双眼鏡の見え方をご紹介するとき、コンデジを使ってコリメート撮影をしているんだけど、大抵、左のように、イメージの上下が収まりきっていなかった。市販のコンデジの場合、ズームレンズの広角側は24mmスタートってのがほとんどだからしかたがないんだけれど・・・。「20mm以上の超広角があれば、なんとかおさまるんだけどなあ~」

ということで、現時点で唯一、超広角19mmスタートのレンズ使用のコンデジであるCASIOのEXILIM EX ZR-4000にトライしてみました。右側の19mmと表記したのがそうです。実にすっきりと見掛け視野の広い、モナーク HG 10×42の視野が収まります。

casio224mmと19mmじゃ、写る範囲がこんなに違う。なるほど納得しました。

casio3まあね、撮像素子も1.7型だし、ズーム比も5倍ほど、スペック的にはどってことないコンデジです。見掛けもパッとしませんW わははは、CASIOさん、ごめんなさい!  まあ、購入させていただいたんで勘弁してください。

casio4例によって意地の悪い比較だけどm4/3のLUMIXと比べてみました真ん中あたりの等倍画像です。撮影日が違うので厳密な比較にはならんけど、EX-ZR 4000頑張ってますねえ。これなら十分、お仕事用カメラとして活躍してくれそうです。

新/お仕事用カメラ CASIO EXILIM EX ZR-4000とか・・・」への2件のフィードバック

  1. shonencamera

    こんにちは。カシオってまだコンデジ作ってたんですね(カシオさん、失礼)。しかも広角すごいワイドでびっくりしました。これを双眼鏡にピタっとくっつけて撮るんですよね?あれってブレたりズレたりしてうまくいかないコト多くて(スマホですが)、見事なまんまるの撮影でとてもお上手。それも感心してしまいました。

    返信
  2. medaichi

    shonencameraさん、こんにちは。
    medaichiは双眼鏡のコリメート撮影には、KOWAさんが販売されていたTSN-DA3stというユニバーサルマウントシステムを使っています。双眼鏡を固定する台を工夫すれば、Z軸上をスライドしクリアランスを詰めることができ、後部にコンデジを搭載すればX軸Y軸上を移動できますから、少し慣れれば双眼鏡とコンデジの光軸を合わせられます。撮影にはセルフタイマーを使用して手振れを防ぎます。素人のくせにREVIEWめいたものを書き散らしていますので、双眼鏡を見た印象を少しでもお伝えできたらと常々工夫を重ねていきたいと思っています。

    返信

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)